Energy saving CCFL ligating,ecorsa,CCFL蛍光灯,エコルサ代理店

照明を取巻く環境

照明を取巻く環境

東日本大震災以降の環境

現状
  • 長引く不況それを脱出する出口の見えないまま、私たちは東日本大震災という大きな災害を受けました。その災害に追い討ちをかけるように福島原発事故、更には電力事情の問題から、電気料金の値上げに至っています。そして2014年には、消費税の引上げが迫っています。
  • このような環境の中、私たちの節電意識は大きく高まっています。
  • この意識は、家庭における節電や省エネ家電の購入のみならず、企業においてもいろいろな対応がなされています。特に節電対策として照明の間引きなどを行っている企業も見受けられます。
  • しかしながら、オフィス環境を見た場合、過度な間引きは業務効率の低下を招くおそれがあります。
  • このような背景の中、自然にコストダウン、節電につながる省エネ照明の導入が大きな注目を集めています。
  • 省エネ照明と言えば、LEDというくらいLEDの認知度は定着した感がありますが、いろいろな問題を内包しているのが現実です。
    CCFL蛍光灯
    • わたくし共は、室内の省エネ照明としてCCFL技術を利用した照明を提案しております。
    • CCFL技術は、約40年前に開発された技術で知名度こそ低いですが、私たちの身近な製品に使われております。
  • 省エネ照明は、時代の流れになっています。正しい知識を持って導入のご検討を行ってください。


LED照明の問題点へ LED照明の問題点

  • LED照明における問題点を説明しています。
  • LED照明すべてに問題があるのではありませんが、省エネ照明を導入するにあたっては、従来の照明とは違うものと認識していただき、メリット・デメリットを検討の上で判断していただくための資料です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional